マットレスのおすすめブランドをご紹介!ポイントは高反発?

マットレスおすすめブランド

眠っても疲れがとれない
朝起きると腰に痛みがあることが多い
夜中にしばしば目が覚めてしまう…

 

そんな悩みを抱えている方には、いわゆる高反発のマットレスがおすすめです。高反発のマットレスは低反発のマットレスや柔らかい素材を使っているマットレスとは違い、身体の重みを跳ね返す性質を持っているので、カラダの沈み込みが防げ、正しい姿勢に近い状態で眠れて、睡眠の質が深く、良いものになりやすいマットレスだといわれています。

 

現在では、高反発のマットレスはいろんなブランドのものがあります。ひとつは、有名なスポーツ選手が多く愛用している「マニフレックス」というブランドのものです。主な素材として使用されている「エリオセル」というポリウレタンフォームには、季節による硬度変化やムレが起こりにくいという特徴もあります。

 

「モットン」というブランドのマットレスも、高反発のマットレスとして有名です。これは試したことのないマットレスを購入する上では非常にうれしい90日間の返金保証があるもので、返金ハードルは低く、期間以内であれば返品を断られることはまずないといわれています。腰痛対策と謳われているマットレスであり、長時間のデスクワークや自動車の運転など腰に負担のかかりやすい仕事をしている方に特におすすめです。

 

あとほかには、サッカー選手の三浦知良さん、メジャーリーガーの田中将大さんが愛用している「エアー」というブランドのマットレスも高反発のマットレスとして有名です。通気性がよく、基本的にメンテナンスは立てかけておくだけで良いものなので、メンテナンスに手間がかかるのは避けたいという方にはおすすめだと思います。

 

質の良い睡眠を求めている方におすすめなマットレス

 

毎日使用するマットレス。日中の活動時にダルさや集中力不足を感じることが多く、それらを解消してくれるような質の良い睡眠を求めているのであればやはり、コスパ優先で低価格のものを買うのではなく、それなりに値の張る高反発のマットレスを買った方が良いと思います。一口に高反発のマットレスといっても、いろいろな種類のものがあり、中には10万円以上するものもありますが、その半分以下の価格3〜4万円程度のものもけっこうあります。コスパを優先して低価格のマットレスを選び、長期的な意味での健康を損なうよりは、それぐらいの費用を高反発マットレスに投資して質の良い睡眠の確保を優先する方が個人的には、有意義な選択であるように思います。

 

そのぐらいの価格の高反発マットレスで有名なもののひとつは、東京西川の「エアー(Air)」というマットレスです。サッカーの三浦知良選手、ネイマール選手、メジャーリーガーの田中将大選手(通称・まーくん)、バレーボールの木村沙織選手といったトップアスリートの人達が愛用しているマットレスで、[エアー01]マットレスのシングルサイズであれば、4万円程度で購入できます。これはネット通販大手の楽天やアマゾンにも取り扱いがあります。

 

またほかには、「モットン」というマットレスも有名で、これもシングルサイズであれば4万円程度で購入できます。


腰痛の原因と言われていること

男性では最も訴えが多い症状といわれている腰痛。女性にしろ男性にしろ原因は基本的に様々で、特定できる場合よりも特定できない場合の方がずっと多いといわれています。原因が特定できる腰痛というのは、ほかの体の部位の病気の症状のひとつとして腰の痛みが引き起こされているケースで、例えば泌尿器系の病気では、尿路結石、腎盂腎炎、腎臓がんなどが挙げられます。

 

ほかに消化器系の病気では肝硬変、すい臓がん、胆石、慢性・急性すい炎、循環器系の病気では、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などが挙げられます。こうした病気によって引き起こされる腰痛以外の腰痛、すなわち原因が特定できない腰痛の場合、考えるべきなのは、長時間のデスクワークや自動車の運転などといった腰に負担のかかりやすい作業の影響や、運動不足・肥満の影響、不安・不眠などの心理的影響だといわれています。

 

また男性で財布を尻ポケットにいれる習慣のある人は少なくないと思いますが、この習慣も腰痛の原因のひとつだといわれているので、やめるようにした方がいいです。あるいは座る時に注意して財布を尻ポケットから別の場所(前ポケットやバッグ)に移動させる習慣をもつか、財布をマネークリップ(abrAsus)のような、厚みの少ないものに変えるようにするかした方が良いです。

 

 

姿勢の悪さが原因の腰痛

 

老若男女問わず、抱えている人が多いといわれている腰痛。原因になるといわれていることはいろいろありますが、机に座った時などの「姿勢の悪さ」というのもそのうちのひとつ。とくに仕事で長時間机やパソコンに向かわなければならないという方で腰痛を抱えているという場合、そういった作業時の「姿勢の悪さ」が原因となっている可能性が高いです。そういった作業時は基本的に姿勢が悪くなりがちで、頭の重さの大部分が腰への負荷となりやすく、また長い時間同じ姿勢で作業をすること自体も、腰に大きな負担を与えることだといわれています。

 

この「姿勢の悪さ」が原因の腰痛改善方法のひとつは、デスクワーク時の正しい姿勢を知り、それを守るようにすることです。パソコンでの作業時に適した姿勢といわれているのは、顎を引いて背をまっすぐに伸ばし、膝・腕の角度が90度前後になる姿勢だといわれています。パソコンでの作業時はこれを守るようにしましょう。また長時間意識して背中が丸まらないようにしておくのは簡単なことではないですが、背にクッションを置いておくとそれがやりやすくなるといわれています。

 

もうひとつ、こうした腰痛の改善方法として挙げられるのは、小まめに休憩を取り、その都度身体をほぐす体操(ストレッチ)をすることです。具体的には、大体一時間に一度の休憩(&体操)が良いといわれています。また長い時間作業して長い時間休憩するよりは、短い時間作業して短い休憩を取るのを繰り返す方が効果的だといわれています。

 

休日やオフの時間に適度な運動をすることも、こうした腰痛の改善のためには重要だといえます。具体的な方法としては、軽めのウォーキングや水泳がおすすめです。

重い肩こりに悩む人におすすめなストレッチ

今や国民病といわれているくらい患っている人の多い肩こり。その肩こりの解消に効果的だといわれていることのひとつは、適度な運動です。運動というとランニングやテニス、野球といったハードなスポーツをイメージする方が多いと思いますが、肩こり解消のためにする運動としては、そういったハードなスポーツより、費用や手間がかからず、精神的なハードルも高くないストレッチ(体操)がおすすめです。

 

肩こりの解消に効果的だといわれているストレッチはいろいろありますが、ひとつは、「猫伸びポーズ」というストレッチです。これはタレントのおかもとまりさんが実践して痩せたということで話題になったストレッチでもあります。やり方は簡単で、まずからだを四つん這いの状態にし、それからからだの上部を床に沈めるだけです。床に沈めたあとは呼吸をしながら20〜30秒その状態をキープし、四つん這いの状態に戻って一回終わりです。一日2〜4回が目安だといわれています。

 

「腕ぶらぶらストレッチ」というストレッチも、肩こり解消に効果的だといわれているストレッチのひとつです。これもやり方は簡単で、立った状態で足を少し広げ、前屈をするときのように上半身を前に倒し、腕をぶらぶらさせるだけです。手には何も持たず、指先は曲げたままで行います。手に水の入ったペットボトルやダンベルをもったり、指先を伸ばして行ったりするのは肩の負担となってしまうのでよくないといわれています。

 

若い時の生活と将来の健康

 

若い人は健康を全く気にしない(健康に気を使わない)ことをかっこういい生き様という風に思いがちですが、若いからといって健康維持を疎かにしていると、将来的に薄毛、肥満、加齢臭といった健康問題に悩まされる可能性が高いといわれています。

 

また脳梗塞といえば高齢者がなることが多いといわれている病気ですが、最近では若者がなるケースも増えてきているといわれています。そしてその理由のひとつは、健康に良くない生活習慣をもつこと、つまり夜遅くまで起きていることが多かったり、栄養バランスの偏った食生活を送っていたりすることです。

 

若いうちから健康に気をつけて日々十分な健康を維持できるような規則正しい生活習慣を身につけた方がいいのは、こういった健康問題のリスクを下げられるからということだけでなく、年をとってからだと規則正しい生活習慣を身につけるのは困難になりがちだからです。

 

若い時というのは流行に弱くメディアに登場する体型の細いタレントに憧れて少しでもそれに近づこうと健康を度外視する方法をとったり、人気タレントの良くない生活習慣を真似たりしてしまうものですが、そういうのはやめた方がいいです。その時は望む結果が手に入れられたとしても、年をとってからカラダの不調に悩まされ、困った状態になる可能性が高いです。

 

 

【オススメマットレスはこちら!】
当サイト推奨中のマットレスを紹介しています!
雲のやすらぎ|口コミはデメリット(悪評)が多い?【※要確認】
リンク先から⇒www.ftgis.com